ここから本文です

【香港】中国国務院、深港通の実施案を承認

NNA 8月17日(水)8時30分配信

 中国の李克強首相は16日に開かれた中国国務院(中央政府)常務会議で、香港と深センの株式相互取引「深港通」の実施案を国務院が承認したと明らかにした。深港通の実施には承認から4カ月程度の準備期間が必要とみられ、年末の実施が見込まれる。16日付信報(電子版)などが伝えた。
 李首相は、深港通の関連作業は基本的に完了しているとした上で、「深港通は投資家が中国本土と香港の経済成長による成果をさらに享受できるものだ。本土と香港の金融分野での協力深化と香港の国際金融センターとしての地位をより強固なものにする」と強調した。
 香港では今週中にも深港通に関する何らかの発表があるとの観測が市場で広がり、証券会社など関連銘柄の株価が上昇していた。

最終更新:8月17日(水)8時30分

NNA