ここから本文です

長嶺安政・駐韓日本大使 来週着任

聯合ニュース 8月17日(水)6時0分配信

【ソウル聯合ニュース】日本の長嶺安政駐韓大使が25日ごろに着任することが17日、分かった。複数の消息筋が伝えた。

 長嶺氏は1977年外務省入り。条約局法規課長や国際法局長、オランダ大使などを経て、2013年から外務審議官(経済担当)を務め、韓国との「ハイレベル経済協議」に日本政府の首席代表として出席した。

 「知韓派」ではないものの、経済外交に精通しているとされる。両国が昨年末、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる問題で合意したことを受け、正常化している両国関係を安定的に管理するための布石とみられる。

 別所浩郎前大使は6月末、約3年8か月間の勤務を終えて国連大使に転出された。別所氏の離任後は鈴木秀生総括公使が大使の代理を務めてきた。

最終更新:8月17日(水)8時1分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。