ここから本文です

ランボルギーニのF1復帰について現CEOがコメント

TopNews 8月17日(水)17時57分配信

ランボルギーニのCEO(最高経営責任者)を務めるステファノ・ドメニカリが、近いうちにランボルギーニがF1に参戦することはないと語った。

■ランボルギーニのトップはフェラーリの元チーム代表

2008年からフェラーリのチーム代表を務めていたドメニカリだが、2014年のF1第3戦バーレーンGP後に成績不振により事実上更迭されていた。その後アウディに入社し、フォルクスワーゲン・グループのF1参戦に関する調査検討を担当していたと伝えられていたが、現在はアウディ傘下のランボルギーニを率いる役目を負っている。

F1経験の長いドメニカリがトップに据えられたことで、1989年から1993年までエンジンサプライヤーとしてF1参戦を行った経験を持つランボルギーニが近いうちにまたF1に参戦するのではないかとのうわさもささやかれている。

だが、ドメニカリはイタリアの『Autosprint(オートスプリント)』に次のように語った。

■現時点ではF1は優先事項にあらず

「今日においては、それは優先事項ではないと言わざるを得ない。我々にはそれ以上に優先すべきことがあるからね」

「それに、我々にはレースにおいて非常によく機能しているシステムがある。それはそのスポーツ・プログラムを選択してくれた人々全員の功績だ」

「しかし、ランボルギーニのようなブランドはモータースポーツ抜きには考えられないがね」

■F1での経験は今も自分の中で生きているとドメニカリ

51歳となるドメニカリは、チーム代表の職を追われるまで20年以上にわたってフェラーリ一筋の道を歩んできていた。くしくも現在はフェラーリのライバルメーカーを率いる立場となったドメニカリだが、これまでの自分のキャリアに後悔はないと次のように続けた。

「自分のF1での経験については、非常に素晴らしい期間だったし、それは今も自分の中に刻まれているよ。忘れることなど絶対にできないものだ」

「かつて自分を信頼してくれた人たちへの感謝を忘れたことはない。だが、今ではそれも私の人生の一部だ。今では新たな挑戦に集中しているし、それはやりがいのある素晴らしいことだ。違う次元のものではあるがね」とドメニカリは結んでいる。

最終更新:8月17日(水)17時57分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。