ここから本文です

星野源が新垣結衣と契約結婚!?ドラマ「逃げ恥」出演&主題歌も担当

映画ナタリー 8月17日(水)6時0分配信

星野源が、新垣結衣主演のテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演することが決定。あわせて星野が書き下ろした新曲「恋」が主題歌となることが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、海野つなみの同名マンガを原作とした社会派ラブコメディ。仕事なし彼氏なしのヒロイン・森山みくりが、恋愛経験のない独身でウブなサラリーマン津崎平匡と“就職としての結婚”をすることから始まる顛末を描く。妄想女子のみくりを新垣が、超真面目で曲がったことが大嫌いなIT会社勤務の草食系男子・津崎を星野が演じる。脚本は「図書館戦争」シリーズの野木亜紀子、演出は「木更津キャッツアイ」シリーズの金子文紀や「ビリギャル」の土井裕泰らが担当。

新垣とは初共演となる星野は、津崎役について「臆病だけど真っ直ぐな津崎平匡を演じられることがとてもうれしく、楽しみです」と喜びを語った。また主題歌「恋」については「踊りたくてムズムズする、生活をもとにしたラブソングです」「この曲を、新しい夫婦を形作る世界中の人たちへ捧げます」とコメントを寄せている。

「逃げるは恥だが役に立つ」はTBS系の火曜ドラマ枠で10月より放送開始。なお星野のニューシングル「恋」は10月5日に発売される。

星野源 コメント
ドラマについて
お話をいただいて初めて作品を読んだとき、その面白さに「あ~」と言いながら床をゴロゴロと転げ回りました。のちに野木さんが書かれた脚本を読み、その楽しさに心が踊りました。臆病だけど真っ直ぐな津崎平匡を演じられることがとてもうれしく、楽しみです。みくりと平匡の契約結婚の行方、皆さんに見守っていただけるように頑張ります。

主題歌「恋」について
新曲「恋」は、踊りたくてムズムズする、生活をもとにしたラブソングです。わけのわからないパワーであふれた楽しい曲になりました。レコーディング中、マリンバを叩きながら「これまでとこれからの自分の全部を使って作っている」という不思議な感覚になりました。早く皆さんに聴いていただきたいです。この曲を、新しい夫婦を形作る世界中の人たちへ捧げます。

最終更新:8月17日(水)6時0分

映画ナタリー