ここから本文です

斎藤工が高梨臨に「キスとか…してみますか?」、「種まく旅人」予告編

映画ナタリー 8月17日(水)6時0分配信

高梨臨と斎藤工の共演作「種まく旅人~夢のつぎ木~」の予告編がYouTubeにて解禁された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、日本の“食”を支える第一次産業にスポットを当てた「種まく旅人」シリーズの第3弾。亡き兄が遺した新種の桃「赤磐の夢」を品種登録するという目標を持つ彩音を高梨、農林水産省の若き官僚・治を斎藤が演じている。キャストには池内博之、津田寛治、升毅、吉沢悠、田中麗奈らが並び、「夕凪の街 桜の国」「ツレがうつになりまして。」の佐々部清が監督を務めた。

予告編は、役所に勤めながら桃を育てている彩音のもとを、農政調査のために治が訪ねてくる場面からスタート。次第に距離を縮めていく2人の前に、農業の厳しい現実が立ちはだかる様子が切り取られている。映像終盤には、治の「キスとか……してみますか?」というセリフも収められた。

「種まく旅人~夢のつぎ木~」は10月22日に岡山で先行公開された後、11月より東京・有楽町スバル座ほか全国にてロードショー。

最終更新:8月17日(水)6時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。