ここから本文です

ロバート・ダウニー・Jr、テレビ界へ復帰か!? 新テレビドラマに出演へ

cinemacafe.net 8月17日(水)12時45分配信

ロバート・ダウニー・Jrがテレビ界への復帰を果たすようだ。

ロバートは「トゥルー・ディテクティブ」のクリエーターであるニック・ピゾラットとタッグを組み、HBOで放送する新作ドラマに向けて取り組んでいるという。最近では『アイアンマン』など映画界ですっかりおなじみとなったロバートにとって、テレビ界への復帰は2000年から2002年にかけて出演した「アリーmyラブ」での主演のキャリスタ・フロックハートの恋人役ラリー・ポールを演じて以来となる。

【写真】ロバート・ダウニー・Jr/フォトギャラリー

現在のところ、ピゾラットが脚本を執筆中でロバートが主演ということ以外、新ドラマの情報は明らかになっていないが、「The Hollywood Reporter」によれば、1950年代の法廷ドラマ「ペリー・メイスン」を基にする可能性があると複数の関係者が明かしているという。

ピゾラットは2018年までHBOとの契約があり、同局は「トゥルー・ディテクティブ」は完全に終了したわけではないとする一方で、ピゾラットはいま、ほかのプロジェクトに取り組んでいるところだとしている。

映画界ではマーベル・コミック・ユニバースの中で演じるアイアンマンことトニー・スタークで多忙なロバートは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』も記憶に新しいところだが、来年公開予定となっている『スパイダーマン:ホームカミング』にも出演する。

(C) BANG Media International

最終更新:8月17日(水)12時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。