ここから本文です

【シンクロ】乾友紀子&三井梨紗子ペアが銅メダル

東スポWeb 8月17日(水)4時2分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ16日(日本時間17日)発】シンクロナイズドスイミングのデュエットは決勝のフリールーティン(FR)を行い、乾友紀子(25=井村シンクロク)、三井梨紗子(22=東京シンクロク)組の日本が94・9333点をマーク。テクニカルルーティン(TR)の93・1214点と合わせ、合計188・0547点で3位となり、銅メダルを獲得した。

 日本は前回ロンドン五輪で途絶えたシンクロのメダルを、2大会ぶりに取り戻した。

 TRが4位だった日本は、3位のウクライナとの厳しい戦いが予想されたが、日本は予選時より高い得点をマーク。この日のFRが伸び悩んだウクライナは5位に沈んだ。スペインが逆転し4位に入り、金はロシア、銀は中国だった。

最終更新:8月17日(水)5時3分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]