ここから本文です

タワーレコード限定発売シリーズにjahguidanceほかジャズ3タイトルが新登場

CDジャーナル 8月17日(水)18時34分配信

 タワーレコードが独自に企画・選曲する同店限定発売シリーズに、“今秋大プッシュ”のジャズ3タイトルが新登場。9月7日(水)にコンピレーション・アルバム『Splendid Jazz Guitar』(3CD NOT3CD236 1,200円 + 税)、9月21日(水)にjahguidanceのミニ・アルバム『Dawn of Dreams』(写真 / CD BTRJG-0001 1,200円 + 税)とSteps Ahead『STEPPIN' OUT』(CD NCS10122 2,000円 + 税)の販売がタワーレコードおよびTOWERmini全店、タワーレコード オンラインにてスタートします。

 『Splendid Jazz Guitar』は、好評の『Beautiful Jazz Piano』『Emotional Jazz Saxophone』に続くタワーレコード企画・選曲のコンピレーション。今回は1950~60年代モダン・ジャズ期のギター演奏にフォーカスした内容となっており、Jim Hall、Kenny Burrell、Wes Montgomeryといった伝説たちの名演を3CDに亘り収録。

 『Dawn of Dreams』は、多摩美術大学卒の鳥打帽(pf)、イケダ(dr)、菜摘(b)から成るインストゥルメンタル・バンド“jahguidance”による初作品。ピアノ・トリオならではグルーヴと、珠玉のメロディをパックした充実作となっています。アルバムの特設サイト(jahguidanceband.com/special/dawn_of_dreams/index.html)では、全曲の試聴が可能です。

 『STEPPIN' OUT』は、80sフュージョン / スムースジャズ・レジェンドSteps Aheadと、〈グラミー賞〉受賞アレンジャーMichael Abeneが組んだビッグ・バンド・プロジェクト。Mike Mainieri(vib)、Bill Evans(ts, ss)、Chuck Loeb(g)、Tom Kennedy(b)、Steve Smith(dr)ら熟練のプレイヤーによる演奏です。なお、9月29日(木)、30日(金)、10月1日(土)には、東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOでの来日公演も予定されています。

最終更新:8月19日(金)18時24分

CDジャーナル