ここから本文です

Silent Siren×PASSPO☆が2マンライブ サイサイからのプレゼント楽曲披露も

エキサイトミュージック 8月17日(水)11時45分配信

ガールズバンド「Silent Siren」とガールズロックユニット「PASSPO☆」の2マンライブ『Silent Siren×PASSPO☆ ~夏だよ!サイファミ・パッセン大集合~』が8月16日(火)に音霊 OTODAMA SEA STUDIOにて行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

まず、PASSPO☆が夏の暑さを楽しむかのようにステージに登場すると、夏の定番曲「ViVi夏」からライブがスタートした。その後、2曲立て続けに2016年にリリースした新曲で会場の熱気をさらに上げたところで、「アテンションプリーズ。PASSPO☆です!」と今日初めてのMCをすると、会場に集まったパッセンジャーだけではなく、サイサイファミリーも割れんばかりの歓声をあげる。

その後、「マテリアルGirl」のパフォーマンス中に、Silent Sirenのゆかるん(key)がサプライズでステージに登場し、2015年のTOKYO IDOL FESTIVAL以来の共演が実現。感情豊かな表現力で、終始会場を魅了し続けた、圧巻のステージが終了した。

続いて、PASSPO☆のパフォーマンスで温まった会場にSilent Sirenが登場すると、ライブスタートから、夏の定番曲「ビーサン」「八月の夜」「BANG!BANG!BANG!」と代表曲を立て続けてにプレイし、観客のテンションを高め続ける。

MCではこの2マン開催の喜びを語り、会場を一体化させると、ライブはさらにヒートアップしていく。その後もおなじみのヒットナンバーが続き、「ぐるぐるワンダーランド」で完全燃焼と言わんばかりの盛り上がりを見せ、大歓声の中ライブが終了した。

鳴り止まない拍手の中、沸き起こったアンコールの声に応え、サイサイとPASSPO☆の全メンバーが再びステージに登場し、「ここからはコラボをします!」とアナウンスすると、2組でSilent Sirenの名曲「チェリボム」をパフォーマンスした。

さらに、PASSPO☆根岸愛から、Silent Sirenに曲を制作してもらい、今日初披露したいと発表されると、会場から大きなサプライズに大きな歓声が上がった。Silent SirenがPASSPO☆のためにつくりあげた楽曲「ラブリフレイン」の披露で会場のボルテージは最高潮に達し、熱狂のまま2マンライブが終了した。

≪セットリスト≫
■PASSPO☆
1. ViVi夏
2. Mr.Wednesday
3. 7's Up
4. LA LA LOVE TRAIN ~恋の片道切符~
5. マテリアルGirl
6. HONEY DISH
7. くちゃLOVE
8. Pretty Lie
9. バチェロレッテは終わらない
10. 少女飛行

■Silent Siren
1. ビーサン
2. 八月の夜
3. BANG!BANG!BANG!
4. Starmine
5. soda
6. What Show is it?
7. DanceMusiQ
8. ぐるぐるワンダーランド

■Silent Siren×PASSPO☆コラボ
1. チェリボム
2. ラブリフレイン

≪ライブ情報≫
■PASSPO
【PASSPO☆の未来 左右ツアー ~Road to 所沢航空公園~】
2016年9月11日(日) 群馬・高崎 club FLEEZ
2016年9月18日(日) 千葉・柏PALOOZA
2016年9月19日(月・祝) 神奈川・F.A.D YOKOHAMA
2016年9月22日(木・祝) 山梨・甲府CONVICTION
2016年10月9日(日) 大阪・ESAKA MUSE
2016年10月16日(日) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
2016年10月22日(土) 愛知・Electric Lady Land
2016年10月30日(日) 北海道・PENNY LANE24
2016年11月6日(日) 栃木・HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2
【PASSPO☆的・野外音楽堂=所沢航空公園 ~史上最大の野外ワンマンフライト~】
2016年11月19日(土)所沢航空公園
【BAND PASSPO☆セカンドワンマンライブ】
2016年12月24日(土)新宿BLAZE

■Silent Siren
【ビキニフェス2016】
2016年8月27日(土)大阪舞洲スポーツアイランド
【サイサイフェス2016】
2016年9月4日(日)新木場スタジオコースト
2016年9月9日(金)~ 世界6都市でSilent Siren S WORLD TOUR開催

最終更新:8月18日(木)11時30分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。