ここから本文です

【DS 4 新型】4ドアクーペにSUVを追加

レスポンス 8月17日(水)9時45分配信

プジョー・シトロエン・ジャポンが販売している『DS4』とその追加モデル『DS4クロスバック』は、フランスの洗練が凝縮された美しさを備えており、DSのアヴァンギャルドを代表するフォルムとインテリアデザインが特徴だという。

[関連写真]

そう話すのは、同社広報部シトロエン&DS PRマネジャーの村田佳代さんだ。2011年にデビューしたDS4は同年、デザイン面で名誉あるモーストビューティフルカーオブザイヤーを受賞。「4ドアクーペと呼ばれる流線型のフォルムや、隠されたリアドアハンドル。滑らかなヒップラインなどDSを象徴するデザインだ」と述べる。

更に、「クラブレザーシートをはじめとしたディテールに拘ったコックピットなどのインテリアの造形もDS4の大きな特徴だ」という。

デビューから5年目を迎えた今年、DS4に新たなボディスタイルが追加された。それがDS4クロスバックだ。DS4クロスバックは、DS4より車高を30mm高いSUVタイプで、ルーフモールディングやルーフスポイラーによりSUVテイストを強調している。また、「タイヤ周りはブラックのアクセントを効かせて全体的に引き締まった印象を与えている」と村田さん。更に、「全高は1530mmと一般的な立体駐車場に入る高さで、これも大きなポイントだ」と述べる。

DS4の価格はベースグレードのシックが293万円~で、年末までに260台程度の販売が見込まれている。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:8月17日(水)9時45分

レスポンス