ここから本文です

<台北2016国際切手展>世界の郵便事情:フランス

中央社フォーカス台湾 8/17(水) 18:52配信

(パリ 17日 中央社)世界各地の郵便切手を紹介する国際切手展「PHILATAIPEI 2016」(台北2016世界郵展)が10月21日から同26日まで、台北市内で開かれる。開催を前に、世界各地の郵便事情をシリーズでお届けする。――フランス・パリには郵便事業を紹介する博物館や郵便グッズを扱う専門店があり、隠れた観光スポットになっている。

郵便博物館では、フランスの郵便史を紹介し郵便配達に使われた道具などを展示。2017年までは改修工事中だが、不定期で小規模の特別展を開催している。グッズの販売店は通常営業を続けており、豊富な資料や商品の数々はマニアならずとも見ていて楽しい。

フランス以外にもモナコやアンドラなどの切手が販売されているほか、記念品や文具などもある。世界各国の古い切手も扱っており、ノートや手帳にシールとして張ったり、加工して使うために買い求める人もいるという。

(曾依セン/編集:齊藤啓介)

最終更新:8/17(水) 18:52

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。