ここから本文です

原発推進団体の代表と一時重複 NHK・石原氏

エコノミックニュース 8月17日(水)18時6分配信

 NHKの最高意思決定機関である経営委員会の石原進経営委員長が「原子力を活用することが現在最も重要な喫緊の課題」と原発再稼働を推進し「原子力を国民の手に取り戻すという目標の実現に努める」ことを定款に明記する原子力推進派団体「原子力国民会議」の共同代表を7月19日まで努めていたことが分かった。

 石原氏は6月28日付けでNHK経営委員会委員長に就任しており、原発再稼働については世論が二分し、先に、熊本地震の際の原発に関する籾井勝人NHK会長の発言でもNHKに対し、原発問題に公正・厳格な報道ができるのか、疑問視する声が挙がっていた中で、経営委員長就任と同時になぜ、原子力国民会議共同代表を辞任しなかったのか、問われることになりそう。

 原子力国民会議のHPによると、石原氏から「諸般の事情」を理由に「7月14日に辞任届が出され、7月19日に理事全員の承認が得られて」辞任したとしている。

 なお、NHKは籾井会長の発言に対しては「熊本地震のNHKの災害対策本部会議での発言は、熊本地震に伴う原子力発電所への影響について、住民の不安をいたずらにあおらないよう、従来どおり、事実に基づき正確な情報を伝えるという趣旨のものであり、原発報道全般のスタンスについて述べたものではありません」と説明している。

 また「放送ガイドラインに基づき、報道機関として不偏不党の立場を守り、番組編集の自由を確保し、何人からも干渉されず、放送の自主・自律を堅持していきます」と当然のことではあるが、改めて報道機関としての立ち位置を明確にしている。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:8月17日(水)18時6分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]