ここから本文です

マンU&アーセナル、サウザンプトンDFフォンテ獲得を画策 ロホがトレード要員に

ISM 8月17日(水)10時30分配信

 マンチェスターUとアーセナルが、サウザンプトン(以上イングランド)DFジョゼ・フォンテ(32)の獲得を画策しているようだ。英タブロイド『デイリー・ミラー』『ザ・サン』(電子版)が現地時間16日に伝えている。

 『デイリー・ミラー』によれば、マンUのジョゼ・モウリーニョ監督はDFラインに経験豊富な選手を加えたいと考えており、ポルトガル代表としてEURO2016優勝を経験したフォンテに白羽の矢を立てたとのこと。同選手はサウザンプトンからチーム最高額のサラリーでの新契約をオファーされているものの、移籍を希望しているという。

 マンUはフォンテ獲得のため、取引の一部としてDFマルコス・ロホを差し出す構え。2年前にマンUに加入した同選手は、ルイス・ファン・ハール前監督のもとで定位置を掴めず、今季もボーンマスとのプレミアリーグ開幕戦で出場機会なしに終わっている。

 ケガ人の続出しているアーセナルも、フォンテをねらっているようだ。現在同チームの守備陣ではペル・メルテザッカーが12月まで離脱の見込みで、ガブリエルも6週間から8週間戦列を離れることになっている。

最終更新:8月17日(水)10時30分

ISM