ここから本文です

ボーイング、ベラヴィアに737-800第1号機を納入

レスポンス 8月17日(水)10時37分配信

米航空機メーカーのボーイングは8月15日、ベラルーシのフラッグキャリア、ベラヴィアに新塗装が施された『737-800』第1号機を納入したと発表した。

[関連写真]

ベラヴィアがボーイングから直接購入した737-800第1号機はミンスク行きのデリバリーフライトを既に終えた。ベラルーシのエアラインは737-800型機のコスト効率と最大航続距離を高く評価している。

ボーイングは2014年6月、ロシア・ウクライナ・チェコ・ラトビア・ポーランドなどに就航するベラヴィアから737-800型機3機を正式に受注した。

《レスポンス 日下部みずき》

最終更新:8月17日(水)10時37分

レスポンス

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。