ここから本文です

Get to Know この選手を知っておこう!見逃したくない美人プレーヤー編

ゴルフ情報ALBA.Net 8月17日(水)17時52分配信

 普段のトーナメントとは異なり、世界の各地域から選手が集結するオリンピック。ゴルフ通でも知らない選手が多いはず。そこで、普段はあまり聞かない選手をピックアップして経歴をお届けしよう。今回は美人プレーヤーとして注目したい4人をピックアップ!

【関連写真】それぞれの写真はこちら

クララ・スピルコバ(チェコ)
身長:168cm
生年月日:1994年12月15日

 美貌と実力を兼ね備えた期待の若手選手だ。2014年、19歳でレディース欧州ツアー(LET)にデビューをし、ランキング33位に入っている。その後は少し成績が伸び悩んでいる状態だが、今回の大舞台を機にひと皮むけたいはず。自身のInstagram等でも今大会の他スポーツの会場や他国のゴルフ代表選手との写真をたくさんアップしており、五輪を非常に楽しんでいるようだ。

マリアージョ・ウリベ(コロンビア)
身長:168cm
生年月日:1990年2月27日

 一部メディアでは、世界の美しい女子プロゴルファートップ50に選出。まずは美貌が注目されがちだが、成績も素晴らしい。2007年、17歳で全米女子アマチュア選手権を制し、史上初のラテン系アメリカ人の優勝者となった。また、翌年の2008年全米女子オープンでは10位タイでローアマも獲得している。2009年の全米女子オープン前にプロ転向を宣言し、翌年から米国LPGAツアーとレディース欧州ツアー(LET)で活躍している。”FORE”という子供の教育関係のチャリティー団体を設立し、自身のゴルフを通じて社会貢献にも力を入れている。

マリア・ベルチェノア(ロシア)
身長:175cm
生年月日:1986年3月27日

 レディース欧州ツアー(LET)において、ロシア人としては史上初のフル参戦した選手だ。2012年から2015年の間に数回のトップ10に入るだけではなく、抜群のスタイルとルックスでモデル業などもこなし、米国のメンズ・ヘルス誌ではゴルフ界で最も美しい美女ランキングにも入賞している。

ティファニー・チャン(香港)@
身長:161cm
生年月日:1993年9月12日

 米国のデイトナ・ステートカレッジ出身。NJCAAナショナルタイトルを獲った後、将来のこと(ゴルフ)を考えて南カリフォルニア大学に進学した。幼少期のころも数回にわたり国の代表として抜擢されて、2012年と2014年の世界アマチュア選手権、2014年と2015年のアジアゲームズ、そしてプレーオフを制して優勝した2014年の世界大学選手権などの戦績がある。今回、アマチュア選手はチャンを含めて3人。欠場が相次いだトップ選手とは相反して、開会式まで待ちきれなかったと語っている。


(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月17日(水)17時52分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]