ここから本文です

ドナルド・グローヴァー、『スター・ウォーズ』スピンオフ作でランド・カルリジアン役?

cinemacafe.net 8月17日(水)18時30分配信

ドナルド・グローヴァー(32)が、ハン・ソロを主役に繰り広げられる『スター・ウォーズ』スピンオフ映画で若かりし頃のランド・カルリジアンを演じる可能性が出てきた。

【写真】ドナルド・グローヴァー/フォトギャラリー

「BirthMoviesDeath.com」によると、『スター・ウォーズ』4作品の中でハリソン・フォードが演じてきたハン・ソロ役をアルデン・エーレンライク(26)が演じる同映画作品の候補キャストに、ディズニーは俳優でミュージシャンのへドナルドの名をあげているという。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』を初めとする旧3部作でビリー・ディー・ウィリアムズが演じたランド・カルリジアンは、惑星ベスピンのクラウド・シティを守るために友人であったハン・ソロを裏切りダース・ベーダーとボバ・フェットにその身柄を渡してしまう。しかし第2弾『エピソード5』の後半から第3弾『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』にかけて、ランドは反乱同盟軍と共にジャバ・ザ・ハットの元へ送られたハンを助けるべく帝国軍に戦いを挑み、その後また2人は仲間となっている。

『21ジャンプストリート』『LEGO(R) ムービー』で知られるフィル・ロードとクリス・ミラーのコンビが同作品のメガホンを取り、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の脚本を務めたローレンス・カスダンが再び同作品のために戻ってくる。

2018年5月25日公開予定の同作品には現在、『ハン・ソロ:ア・スター・ウォーズ・ストーリー』という仮タイトルがつけられている。

(C) BANG Media International

最終更新:8月17日(水)18時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。