ここから本文です

猫がいっぱい! 「ミリキタニの猫」路上の日系人画家が描いた猫絵画一挙公開

映画.com 8月17日(水)17時0分配信

 [映画.com ニュース] 米ニューヨークに暮らした80歳の日系人画家ジミー・ツトム・ミリキタニさんを追ったドキュメンタリー「ミリキタニの猫」と、ミリキタニさんの生前の姿を知る人々の証言を集めた短編「ミリキタニの記憶」を併映する「ミリキタニの猫《特別版》」の上映を記念し、ミリキタニさんによる猫の絵画の画像を映画.comが入手した。

【フォトギャラリー】ミリキタニさんによる猫の絵

 幼い頃から絵画の才能を発揮していたミリキタニさんは、カリフォルニアで生まれ、第2次世界大戦中に日系人強制収容所に送られたことから市民権を捨て、反骨の人生を歩んできた。収容所時代には子供たちに絵を教え、終戦後は自らを巨匠と呼び、ニューヨークの路上でホームレス同然の生活を送りながら制作を続け、とりわけ色鮮やかな猫の絵を多く残してきた。

 「ミリキタニの猫」は、9.11テロをきっかけに、ニューヨークで路上生活を送りながら絵を描いていたミリキタニさんと共同生活することになったリンダ・ハッテンドーフ監督が、時代に翻弄されながらも不屈の精神を貫き続けてきた路上画家の姿を捉える。

 「ミリキタニの猫《特別版》」は、8月27日からユーロスペースで公開。

最終更新:8月17日(水)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。