ここから本文です

キーラ・ナイトレイ、ディズニー実写「くるみ割り人形」でお菓子の国の女王に!

シネマトゥデイ 8月17日(水)19時36分配信

 ディズニーがバレエ作品として有名な「くるみ割り人形」を実写映画化する作品で、女優のキーラ・ナイトレイがお菓子の国の女王こと金平糖の精を演じるとEW.comなどが報じた。

【写真】サッカー少女なキーラ・ナイトレイ

 本作は、ドイツの作家E.T.A.ホフマンが1816年に発表した小説「くるみ割り人形とねずみの王様」を基に、少女クララがクリスマスにプレゼントされた人形が動き出すというファンタジーな体験をしていくさまを描く。

 同原作の、チャイコフスキー作曲によるバレエ作品はとても有名だが、その中でお菓子の国でクララが出会う金平糖の精が踊りを披露するシーンは、大きな見せ場となっている。そして今回、本実写化作品にて、キーラが第2の主人公ともいえるその金平糖の精役を務めることとなった。

 少女クララ役に『インターステラー』で注目を浴びたマッケンジー・フォイが抜てきされているほか、アメリカン・バレエ・シアターのプリンシパルダンサーのミスティ・コープンランドがメインのバレリーナ役を務める。さらに、モーガン・フリーマンがクララに人形を与えるドロッセルマイヤー役として出演交渉中とのこと。メガホンを取るのは、『ギルバート・グレイプ』などのラッセ・ハルストレム監督だ。

 プロのバレエダンサーも参加しているだけあって、踊りにも力を入れていることがうかがえる。本作でキーラの華麗な舞を目にすることができるかもしれない。(編集部・石神恵美子)

最終更新:8月17日(水)19時36分

シネマトゥデイ