ここから本文です

<バーナード嬢曰く。>アニメ版声優に喜多村英梨に小松未可子、洲崎綾 キービジュアルも公開

まんたんウェブ 8/17(水) 21:00配信

 2014年の「手塚治虫文化賞」短編賞を受賞した施川ユウキさんのショートギャグが原作のアニメ「バーナード嬢曰く。」のスタッフとキャスト、キービジュアルが17日、明らかになった。主人公の町田さわ子役を喜多村英梨さん、さわ子の親友・神林しおり役を小松未可子さん、図書委員の長谷川スミカ役を洲崎綾さん、読書家の遠藤役を市来光弘さんがそれぞれ担当する。

【写真特集】<アニメ化でキャラ大変身!>原作マンガと比べて見る

 「バーナード嬢曰く。」は、「月刊ComicREX」で連載中のマンガ。名著を読まずに読書家ぶりたい“バーナード嬢”こと町田さわ子と、読書家の友人たちの日常を描いたショートギャグ。“バーナード嬢”は、「ピグマリオン」などで知られ、19~20世紀に活躍したアイルランドの劇作家ジョージ・バーナード・ショーが元になっている。作中には、「聖書」や「平家物語」「舟を編む」「フェルマーの最終定理」など古今東西の書籍が登場する。

 また同日、原作キャラクターデザインとは一変したさわ子が中央に座っているキービジュアルも公開された。アニメのスタッフは以下の通り。(敬称略)

 原作:「バーナード嬢曰く。」(原作者:施川ユウキ・一迅社「月刊ComicREX」連載中)▽監督:ひらさわひさよし▽キャラクター原案:なつのはむと▽キャラクターデザイン:ゴンタ▽シナリオ:内堀優一▽音響監督:大室正勝▽音楽製作:幻影▽音楽プロデューサー:前田義和▽制作プロダクション:ドリームクリエイション▽アニメーション制作:Creators in Pack▽音響制作:ダックスプロダクション

最終更新:8/17(水) 21:00

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]