ここから本文です

上原 9月復帰目指し地道な調整

東スポWeb 8月17日(水)11時21分配信

【メリーランド州ボルティモア発】右胸筋を痛めて故障者リスト入りしているレッドソックスの上原浩治投手(41)は16日(日本時間17日)、オリオールズ戦前、ブルペンコーチを相手にキャッチボールを17分間行った。気温35度の暑さの中、上原は定められた距離の範囲内で黙々とボールを投げ続け、バッテリー間の距離では生命線のスプリットの感触も確かめた。見守ったウィリス投手コーチは「もう一段、良くなった」と、糸を引くようになってきた回転の良いストレートに目を細めた。

 ファレル監督は「昨日から約46メートル(の距離で)投げており、引き続きフラットなところでの練習をしていく。マウンドからの投球練習は未定だ」と語った。

 上原はその後、左翼でダッシュを10分間行ってから室内に移動し、休む間もなくメニューをこなした。9月中の復帰を目指し、今できる地道な練習をひたすら繰り返している。

最終更新:8月17日(水)11時27分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]