ここから本文です

マエケン4連勝 6回2失点の好投で12勝目

東スポWeb 8月17日(水)12時2分配信

【ペンシルベニア州フィラデルフィア16日(日本時間17日)発】ドジャースの前田健太投手(28)はフィリーズ戦に先発し、6回を2本塁打を含む3安打2失点、9三振1四球で12勝目(7敗)を挙げた。フィリーズ戦は9日(同10日)の前回登板に続き2連勝、自身はメジャー最長の4連勝。チームは15―5で大勝した。

 初回は三者凡退で切り抜けたが、2回二死から6番ラップに初球のカーブを中堅席に運ばれて1点を失った。3回は二死後、四球を与えたが二盗を試みた走者を二塁で刺して無失点。4回は三者凡退。ボールを低めに集め、ツーシーム、スライダーが良かった。

 前田の好投に打線も奮起。5回にケンドリックが中越え逆転2ラン、アットリーも中越えソロ弾。6回にもグランダルが左翼へ2ランと一発攻勢で援護してくれた。6回一死でヘルナンデスにソロ弾を浴びたが、最後の打者アルテールを147キロのフォーシームで空振り三振に仕留めた。2発以外はボテボテの内野安打を許しただけ。6回93球で救援陣に後を託した。

 ドジャース打線は7回に8点を追加してゲームを決めた。先発陣に故障者が相次ぐ中、開幕からマウンドを守り続けている前田。ナ・リーグ西地区でジャイアンツと激しい首位争いを演じるチームを支えている。

最終更新:8月17日(水)12時16分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報