ここから本文です

モデル事業体験生募集 三島の生活工芸アカデミー

福島民報 8/17(水) 10:53配信

 福島県三島町は伝統工芸の後継者を育成する「生活工芸アカデミー」の開校に向けたモデル事業の体験生を18日から募集する。
 アカデミーは町が定住促進につなげるため伝統工芸の編み組細工や農林業の技術などを伝授する。来春の本格開校を前にカリキュラムや体験生の暮らしなどに課題がないかを検証する。
 11月1日から同30日までと、来年2月1日から同14日までの2回実施する。定員は各回4、5人程度。
 町内西方の空き家に共同生活しながら実習に励む。町が食事を提供し、光熱費も負担する。リポートの提出を求める。
 応募資格は今年4月1日現在、20歳以上で、共同生活が可能な人。応募理由を400字程度にまとめ、履歴書と一緒に町地域政策課地方創生推進係に提出する。締め切りは11月体験が9月7日、2月体験は12月7日。問い合わせは町地域政策課 電話0241(48)5533へ。

福島民報社

最終更新:8/17(水) 13:58

福島民報