ここから本文です

ヒロミの息子・小園凌央 先輩“2世タレント”IMALUに恋心?「かわいい」

東スポWeb 8月17日(水)15時32分配信

 タレント・小園凌央(20)が16日に放送されたテレビ朝日系バラエティー番組「中居正広のミになる図書館」に出演。同じ2世タレントのIMALU(26)に憧れていて、異性としても興味があることを明かした。

 番組では芸能人たちが普段は言えない本気の弱音を川柳で告白する「芸能人弱音川柳」を発表。女優・藤吉久美子(55)や俳優・竹内涼真(23)らが隠された本音を語った。

 タレント・ヒロミ(51)を父に、タレント・松本伊代(51)を母に持つ小園は「2世タレント」ならではの弱音を告白。その中で「憧れの2世タレント」ベストスリーを発表した。

 3位に俳優・松田龍平(33)、松田翔太(30)をチョイスした小園は、2位にタレント・明石家さんま(61)と女優・大竹しのぶ(59)の娘IMALUの名前を挙げた。

「個性的な人が好き」とIMALU推しの理由を明かす小園に、MCの中居正広(43)が「女性としても嫌いじゃない?」と直球質問。小園は「ちょっとかわいいなと思って」と意味深な笑みを浮かべた。

 これにはゲストたちも大盛り上がり。「ビッグカップル」「すごい」「結婚式盛り上がるぞ」と歓声が飛び交った。まんざらでもない様子の小園は、中居から「なにワクワクしちゃってんだよ」とツッコミを入れられると「想像しちゃって…」と苦笑して小さくなっていた。

 ちなみに1位はタレントの長嶋一茂(50)で、周囲が微妙な反応を見せる中「2世界のレジェンドです」との理由を挙げた。

最終更新:8月17日(水)15時32分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。