ここから本文です

お盆期間の高速道路11-14日の下り線交通量が2割増…帰省ピーク集中

レスポンス 8月17日(水)17時15分配信

NEXCO3社と本州四国連絡高速道路、国土交通省道路局は8月17日、お盆期間(8月6~16日)における高速道路および国道の交通状況(速報値)を発表した。

[関連写真]

それによると、全国の高速道路の主な区間の単純平均から算出した、お盆期間中の交通量は4万6800台/日。昨年とほぼ同数だった。ただし、11日が祝日になったことから帰省ピークが集中し、11~14日の下り線交通量が約2割増加。最大日交通量は4%増の5万7700台/日だった。

高速道路における10km以上の渋滞は472回で、昨年に比べ39回増加した。内30km以上の渋滞は15回増の45回発生した。渋滞の最長は、8月14日17時55分頃、東名高速上り線・大和トンネル付近で交通集中および事故により発生した57.0kmだった。

一方、全国の国道の主な地点の平均交通量は2万9800台/日、観光地周辺の国道は2万6100台/日、ともに昨年とほぼ同じ数字となった。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月17日(水)17時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]