ここから本文です

師走の翁「JK×プロレス技」画集にみのもけんじら参加、原画展&サイン会も

コミックナタリー 8月17日(水)14時55分配信

「師走の翁×JKプロレスイラストレーションズ 技画 -GIGA-」が、8月26日に笠倉出版社より発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2014年より、Twitterに「JKにかけてもらいたいプロレス技」というイラストを投稿していた師走の翁。本書はそのコンセプトを活かした、描き下ろしのカラーイラスト30点以上が収められている。Twitterで公開されていたものは女子高生が男性にプロレス技をかけるイラストだったが、本書では技を受ける側も女子高生に。またプロレス技にまつわるエピソードや、女子高生のキャラクター設定などの読み物も掲載されている。

そのほかゲストとして「プロレス・スターウォーズ」のみのもけんじ、「最狂 超(スーパー)プロレスファン烈伝」の徳光康之、「俺のプロレスネタ、誰も食いつかないんだが。」のさかなこうじによるイラストと、各作品に関するインタビューも収録。

また現役プロレスラーである武藤敬司、男色ディーノ、清水愛と、PCブラウザゲーム「リング☆ドリーム 女子プロレス大戦」スタッフへのインタビューも掲載される。現役声優でもある清水には「プロレスと萌えに親和性はあるのか」などをテーマに話を聞いているとのこと。

購入特典として、とらのあな各店ではポストカード、メロンブックス各店では4ページのリーフレットをそれぞれ進呈する。さらに発売を記念し、9月3日から14日まで東京・中野ブロードウェイ3階のギャラリー・墓場の画廊では原画展を開催。9月10日の15時からは師走の翁のサイン会も実施される。サイン会への参加に必要な整理券は、9月3日12時以降に「墓場の画廊」にてイラスト集を購入した人に配布予定。

「師走の翁×JKプロレスイラストレーションズ 技画 -GIGA-」収録内容
ゲストイラスト
みのもけんじ、徳光康之、さかなこうじ

プロレスラーインタビュー
武藤敬司(WRESTLE-1)、男色ディーノ(DDT)、清水愛

クリエイターインタビュー
でいしろう(「リング☆ドリーム 女子プロレス大戦」原作)、松田秀夫(同プロデューサー)

収録技一覧
フロントスープレックス、フィッシャーマンズスープレックス、ドラゴンスープレックス、バックドロップ、ブレーンバスター、パワーボム、ツームストーンパイルドライバー、みちのくドライバーII、キン肉バスター、ダイヤモンドカッター、DDT、ラリアット、スーパーマンパンチ、エルボードロップ、ドロップキック、スーパーキック、蒼魔刀、スピアー、スリーパーホールド、サソリ固め、クロスヒールホールド、スモールパッケージホールド、フランケンシュタイナー、ダイビングボディアタック、ムーンサルトプレス、ヒッププッシュ、急所攻撃、リップロック、六次元殺法、3D

師走の翁「JKプロレス技画展」
会期:2016年9月3日(土)~14日(水)時間:12:00~20:00会場:墓場の画廊住所:東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F

師走の翁サイン会
日時:2016年9月10日(土)15:00~

最終更新:8月17日(水)14時55分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。