ここから本文です

「ブロックチェーン大学校」が開校 ブロックチェーン推進協会がFinTech担当者向けに

@IT 8月17日(水)13時25分配信

 ブロックチェーン推進協会(BCCC)は2016年8月17日、FinTech実務担当者向けの教育プログラム「ブロックチェーン大学校」を開校した。

 ブロックチェーン大学校は、FinTechの中核技術となる「ブロックチェーン」の正しい知識や活用方法を要するエンジニア、ブロックチェーンの導入を検討するBCCC会員の金融機関や企業の担当者を対象に展開。体系的にブロックチェーン技術を学び、活用していくための教育カリキュラムを用意した。

 教材は、米Blockchain Universityの講師を務めるライアン X・チャールズ氏が作成。講師には、ビットコインの大手取引所ビットバンクの技術顧問を務めるジョナサン・アンダーウッド氏を招いた。

 第1期は2016年8月17日から全8回実施される。定員は30人、受講料金は6万円(税別)。今後、第2期および第3期も開校する予定。

●特集:FinTech入門――2016年以降の金融ビジネスを拡張する技術

「Finance(金融)」と「Technology(技術)」を足した造語である「FinTech」。その旗印の下、IT技術によって金融に関わるさまざまな業務や処理を利便化し、ビジネスの拡大を図る動きが国内金融業界から大きな注目を浴びている。大手銀行からスタートアップまで「FinTech」という言葉を用い、新しいビジネスを展開するニュースが相次いでいる。言葉が氾濫する一方で、必要な技術について理解し、どのように生かすべきか戦略を立てられている企業は、まだ多くないのではないだろうか。本特集では金融業界がFinTechでビジネスを拡大するために必要な技術要件を浮き彫りにし、一つ一つ解説していく。

最終更新:8月17日(水)13時25分

@IT