ここから本文です

イチロー「ないよりあった方がいい」 メジャー全球場制覇の偉業

デイリースポーツ 8月17日(水)11時40分配信

 「レッズ6-3マーリンズ」(16日、シンシナティ)

 マーリンズのイチロー外野手(42)がレッズ戦に「6番・右翼」で出場し、4打数1安打だった。九回に4戦13打席ぶりの安打となる右翼線三塁打を放ち、メジャー通算3004安打。打率を・309とした。敵地グレート・アメリカン・ボールパークで自身初めてヒットを記録し、メジャー全30球団の本拠地を制覇した。

 鋭い打球が右翼線を破ったのは九回の打席だ。初球、外角高めのボール球をストライクと判定されたことに対し、メネキーノ打撃コーチ補佐が暴言退場処分となる波乱の展開。それでもイチローは集中力を途切らせることなく、2球目、内角高めの151キロ速球を鋭く振り抜き、楽々と三塁に達した。

 今季16年目のイチローはここまでメジャー新旧39球場でプレー(12年の日本開幕戦の東京ドームと今季の米軍基地フォートブラッグは含まず)。通算11打席目で放ったこの日の1本がレッズ本拠地での初安打だったことを伝え聞いたイチローは「ここで打ってなかったの?知らなかった、ふーん」と意外だった様子。東京ドームを含めると40球場で安打を記録し、メジャー全球場を制覇したことには「ないよりあった方がいい、くらいですね」と感情を表に出すことなく、淡々と話した。

最終更新:8月17日(水)11時43分

デイリースポーツ