ここから本文です

【DS 5 新型】大統領も乗るフラッグシップ

レスポンス 8月17日(水)18時45分配信

DSのフラッグシップ、『DS5』はオランド大統領も乗っているモデルで、遠くからでも一目でDS5とわかるスタイリングや、フランスのモノ作りのノウハウが凝縮されたインテリアが特徴だ。そしてフェイスリフトによりパワーアップした最新のパワートレインが採用された。

[関連写真]

DS5は2005年のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー、『C-スポーツラウンジ』がベースだ。このコンセプトカーの開発目的は、「新しいジャンルのクルマを作り出すことだった」とは、プジョー・シトロエン・ジャポン広報部シトロエン&DS PRマネジャーの村田佳代さんの弁。それからわずか5年で「コンセプトカーのオリジナリティをそのまま受け継いだ量産車、DS5として発表された」という。

その特徴的なデザインについて村田さんは、「ひとつの大きな塊から削り出したようなフォルムは、彫刻作品のような佇まいを見せる。またヘッドライトの先端から伸びるサーベルラインはデザイン機能上ボンネットを長く見せ、大きなキャビンをコンパクトに見せるという効果も合わせて持っている」と説明。

インテリアは、「フランスの一流の職人たちが手掛けたオートクチュールのようなノウハウが凝縮されている」とし、「航空機のコックピットをモチーフにデザインされた室内は、ルーフコンソールやセンターコンソールのスイッチ類に囲まれた空間と、操縦桿をイメージさせるフラットボトムのスポーツステアリングなど、まるでパイロットになったかのような高揚感をドライバーに与える」と述べる。

また、「クラブレザーシートはハンドバックに使用するようなセミアリニンという最高級レザーを贅沢に使い、時計のベルトをモチーフにしたシートのデザインをウォッチストラップシートと呼んでいる」と話す。そのシートのカラーは3色設定された。

今回のフェイスリフトでは、DSとして初めて、車線を逸脱するとシートが震えるレーンデパーチャーウォーニングを採用したほか、DSモノグラムがデザインされたドアハンドルやセンターコンソールなどがパッケージされたシックレザーパッケージが45万円で用意された。

また、刷新されたパワートレインは、165psを発生する1.6リットル4気筒ターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速オートマチックを採用し、更にアイドリングストップ機能も追加され、燃費も向上している。

DS5の価格は409万円から。年末までに180台程度の販売を目標としている。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:8月17日(水)18時45分

レスポンス