ここから本文です

国内IT市場、2020年まで年平均0.8%成長と予測──IDC

@IT 8月17日(水)13時25分配信

 IDCジャパンは2016年8月12日、2016年および2020年までの国内IT市場の製品別市場予測を発表した。2016年の国内IT市場規模予測は対前年比0.2%増の約14兆7973億円。ITサービス市場やパッケージソフトウェア市場はプラス成長を確保するものの、ハードウェア市場でマイナス成長が見込まれる。

 ハードウェア製品市場は全体で対前年比3.1%減の約6兆3538億円とみられ、低調傾向。エンタープライズネットワーク機器カテゴリーのみがプラス成長と見込まれる。

 一方のITサービスとパッケージソフトウェア市場は、それぞれ対前年比2.1%増の5兆5003億円、同4.4%増の2兆9432億円と予想される。なお、国内IT市場に国内通信サービス市場を加えた2016年の国内ICT市場では、対前年比0.2%減の25兆4960億円と微減成長が見込まれる。

 2020年までの国内IT市場の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は0.8%、同じく国内ICT市場のCAGRはマイナス0.3%と、ほぼ横ばいと予測される。2020年の市場規模予測はそれぞれ15兆4007億円、25兆1630億円となる。

 こうした低成長を見込む理由に同社は、「2020年1月のWindows 7のサポート終了」を挙げている。2019年にWindows 7の更新需要で投資額は増えるものの、その後の反動で2020年はPC市場が大幅なマイナス成長になると予測される。PC市場は米国でも縮小傾向にあるが、米国では「第3のプラットフォーム」市場関連の投資増によって、ソフトウェア市場などでそれを上回る成長が予測されている。一方の日本では「このまま、現状のIT戦略が続く」ならば、オリンピック開催という景気の上昇時期においても、PC市場のマイナス成長を上回る第3のプラットフォーム関連の戦略的IT投資増が期待できない状況にある。「ITサプライヤーはITプロフェッショナル/ユーザー企業に対し、第3のプラットフォームを活用した戦略的IT投資を加速させるためのデジタルトランスフォーメーション施策を推進していくべきだ」と、同社は提言している。

最終更新:8月17日(水)13時25分

@IT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]