ここから本文です

【ペブルビーチ 16】ケーニグセグ、レゲーラ を富裕層にアピール…1500馬力PHV

レスポンス 8月17日(水)20時0分配信

スウェーデンの高級スポーツカーメーカー、ケーニグセグ(Koenigsegg)社は8月15日、米国カリフォルニア州で8月中旬に開催される「モンテレー・カー・ウィーク」に、『レゲーラ』を出展すると発表した。

画像:ケーニグセグ レゲーラ

レゲーラは2015年3月、ジュネーブモーターショー15で初公開。ケーニグセグが新開発した、プラグインハイブリッド(PHV)パワートレインによって、強大なパワーを獲得している。

ミッドシップに搭載されるエンジンは、5.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ。最大出力1100hp、最大トルク127.5kgmを発生する。モーターは合計3個。後輪左右用に各1個、残るひとつは、エンジンのクランク部分にレイアウト。このモーターが、低回転域のエンジントルク不足を補い、エンジンスターターとしても機能する。

レゲーラは、エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、最大出力1500hp以上、最大トルク204kgm以上を獲得。ケーニグセグによると、0‐400km/hは20秒以下、150‐250km/h加速は約3.2秒の性能を可能にしているという。

モンテレー・カー・ウィークの有名イベントが、「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」。全米から車好きの富裕層が多く集まる一大イベントで、ケーニグセグはレゲーラをアピールしていく。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月17日(水)20時0分

レスポンス

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。