ここから本文です

最強の女アリスが傷だらけ!『バイオ』最終章に死闘の予感

Movie Walker 8/17(水) 15:44配信

日本が生んだ大人気ホラーアクションゲーム「バイオハザード」シリーズの実写映画化第6弾『バイオハザード:ザ・ファイナル』(12月23日公開)。2002年に『バイオハザード』が初めてスクリーンに登場して以来、ゲームとリンクする部分を残しながらも独自の世界観を築き、ゲームファンのみならず、ホラーやアクション映画ファンをも虜にしてきたシリーズもついに最終作となる。そんな本作から待望の場面写真が解禁された。

【写真を見る】ゲームでも人気のクレアがカムバック!強く美しい女たちの3ショット

1枚目は、『バイオハザード』シリーズすべてに主演し、驚異のアクションを披露してきたミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアリスが荒廃した街にたたずむ姿。アンデッドに立ち向かう人類最後の希望となった生存者アリスのジャケットは左肩の部分が破け、右の頬には傷があり、激しい戦いの予感が伝わってくる。

2枚目は『 バイオハザードIII』(07)、『バイオハザードIV アフターライフ』(10)以来のカムバックを果たすアリ・ラーター演じる人気キャラクターのクレアと、まだ役どころは明かされていないが、Netflixオリジナルドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」でブレイク中のルビー・ローズ演じる人物、その間で上着を脱ぎさったアリスの3ショットだ。3人が深刻なまなざしを向けた先には、一体何が起きているのだろうか。

未だ多くの謎に包まれている『バイオハザード:ザ・ファイナル』は12月23日(祝)に世界最速公開となる。人類の存亡をかけたアリスの戦いをどこよりも早く見届けたい!【Movie Walker】

最終更新:8/17(水) 15:44

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]