ここから本文です

重賞3勝の快速馬ハクサンムーンが引退、種牡馬入り

デイリースポーツ 8月17日(水)12時46分配信

 13年サマースプリントシリーズ覇者で、2度のG1・2着があるハクサンムーン(牡7歳、栗東・西園正都厩舎)が現役を引退。18日に登録を抹消されることが17日、明らかになった。

 セントウルSでの始動を見据えて栗東に入厩していたが、年齢面もあって状態が上がらないため、このまま種牡馬入りすることになった。北海道新ひだか町のレックススタッドでけい養される。

 通算29戦7勝(うち重賞3勝)。13年のセントウルSでは当時5連勝中だった“絶対王者”ロードカナロアを2着に下している。

 西園正都調教師は「8度もG1に出て4回も掲示板に乗ってくれて、2歳から7歳まで息の長い活躍をしてくれた。馬場入りの時の(旋回する)ルーティンが見られないのは寂しいけど、また2世で頑張りたい」と種牡馬としての活躍を期待した。

最終更新:8月17日(水)13時29分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。