ここから本文です

懐かしの麻雀ゲームが復活! 「スーパーリアル麻雀」最新作、クラウドファンディングで資金調達中

ねとらぼ 8月17日(水)15時57分配信

 アーケード用の脱衣麻雀ゲームとして人気を博した「スーパーリアル麻雀」シリーズ。1997年に発売された「P7」以来、約20年ぶりとなる新作のリリースに向けたクラウドファンディングが、「CAMPFIRE」にて行われています。

【当時のゲーム画面】

 出資を募っているのは、同シリーズのキャラクターを使ったサイトの運営、アプリ開発に関わっていたマイティークラフト。新作を発売していないにもかかわらず、今なおキャラクターのファンが多いことから商標などを引き継いだそうです。

 最新作となる「スーパーリアル麻雀P8」の開発はすでに決定しており、同シリーズの原画を担当していた田中良さんが開発に加わります。パソコン、スマホでプレイできる、現代風の描きおろしイラストを使用した「健全な(!)セクシーアイドル麻雀」ゲームになる予定。

 クラウドファンディングで調達した資金に応じて、声優によるナレーション音声の有無、新キャラクターの数などを変更。出資は3000円からで「スーパーリアル麻雀P8」の有料コンテンツの解除キー、グッズなどを受け取れます。また、30万円以上の場合、新キャラクターの開発に参加する権利も得られます。

最終更新:8月17日(水)15時57分

ねとらぼ