ここから本文です

NEC、日本ならではの“漆の美”を再現したバイオプラスチックを開発

EE Times Japan 8月17日(水)16時31分配信

 NECは2016年8月17日、京都工芸繊維大学と漆芸家の下出祐太郎氏と共同で、非食用植物を原料としたセルロース樹脂を使い、日本の伝統工芸である漆器が持つ漆黒を実現したバイオプラスチックを開発したと発表した。

【写真:今回発表したバイオプラスチック】

 バイオプラスチックは再生可能な植物を原料として、汎用製品では年間100万トン規模で利用されている。しかし、電子機器や自動車などの耐久製品で利用を拡大するためには、新たな付加価値が必要だったという。今回、日本独自の“漆の美”を再現したことで、「デザイン性という付加価値を加えた製品を実現できた」(NEC)としている。

 同社は、2020年までにパートナー連携を進め、家電や自動車などで実用化を目指す。

■添加材の独自配合技術

 漆器は日本が誇る伝統工芸品であり、国際的に高い評価を得ている。一方で、高級品になるほど、塗布や表面研磨の繰り返しなどに手間が掛かり、量産化が困難だ。今回、漆芸家の下出氏が漆器のモデルを製作。透明樹脂板への漆の塗布と表面研磨を何度も繰り返し、最高級の漆器の外観を実現した。下出氏が製作した漆器をもとに、京都工芸繊維大学が、漆の光反射特性などの科学的解析を行ったとする。

 京都工芸繊維大学によると、漆器は極めて低い明度(漆黒)を持ち、鏡面に匹敵する最高レベルの光沢度、それに加えて漆特有の「深さ」「暖かさ」があると分析。NECが解析結果を基に、樹脂の添加成分の最適な配合技術を開発している。

 具体的には、表面処理を行った炭素微粒子を添加、混合して低い明度を実現。高屈折率の有機成分の添加、混合によって光沢度向上を実現した。従来、明度と光沢性はトレードオフの関係にあるが、「独自の添加材の配合技術で突破した」(NEC)という。

 また、今回発表したバイオプラスチックは、通常のプラスチックのように加熱して溶融させ、金型の中に押し流して成形できるため、さまざまな形状の製品が量産可能だ。

 NECのIoTデバイス研究所で主席研究員を務める位地正年氏は、「一般的なバイオプラスチックは、石油系のプラスチックと比較して2倍コストが掛かるといわれている。今回発表したバイオプラスチックも、試作段階では2倍以上のコストが掛かる。しかし、さまざまな製品で量産が可能なため、今後コストダウンが期待できる」と語る。

■「80~85点」

 漆芸家の下出氏は、「現在、光沢度と明度は定量化できているが、プラスアルファである“深さ”や“暖かさ”は定量化できていないため、京都工芸繊維大学とともに今後進めていきたい。現在の再現レベルは、80~85点かな(笑)。これは、批判しているのではなく、まだ伸びしろがあるということを理解していただきたい」と語った。

最終更新:8月17日(水)16時31分

EE Times Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]