ここから本文です

エアコン「つけっぱなし」と「こまめにオンオフ」どっちが得? 猛暑日に実験、結果は……

ITmedia ニュース 8月17日(水)17時16分配信

 夏場のエアコン、つけっぱなしにするのとこまめにオンオフするのはどちらが電気代が安くなる?――エアコンメーカのダイキン工業が、大阪市内で実験した結果を公表した。日中の30分程度ならつけっぱなしにする方が安いが、長時間外出するならオフにしたほうが安くなりそう、という結果だ。

【実験結果のグラフを見る】

 最高気温36.3度と猛暑日だった8月5日に、大阪市内のほぼ同じ条件のマンション2部屋を使い、冷房26度・完全自動運転で実験した。1部屋はつけっぱなしに、1部屋は30分ごとにオンオフを繰り返した。

 午前9時~午後6時の外気温の高い時間帯は、つけっぱなしの方がこまめにオンオフより消費電力量が少なかった。逆に、午後6時~午後11時の夜の時間帯は、こまめにオンオフした方が、つけっぱなしより消費電力量が小さくなった。

 エアコンは室内温度と設定温度の差が大きい時に電力を多く消費する。外気温の高い日中は、室内と外との気温差が大きく、エアコン起動時の消費電力量が大きくなるため、つけっぱなしの方が消費電力が小さいが、夜間は外気温が低下し、エアコン起動時の消費電力量が下がるため、こまめに消した方が消費電力が小さくなるとみられる。

●何分ぐらいの外出なら、エアコン切ったほうが得?

 1日に4回外出するという想定スケジュールを立て、外出中につけっぱなしにした場合とオフにした場合の消費電力も比べた。外出時間は、午前11時~正午の1時間、午後2時~2時半の30分間、午後4時~4時半の30分間、午後6時~8時の2時間。最高気温36.9度だった8月6日に、冷房26度、自動運転で実験した。

 その結果、つけっぱなしの方が消費電力が大きかった。1日の消費電力は、つけっぱなしが5.7kWh、外出時にオフにした場合が4.4kWh。特に、外出時間が30分を超えた午前11時~正午、午後6時~8時に大きく差がついていた。

 同社は「あくまで今回の実験の条件下」と前置きした上で、(1)日中は、35分までの外出ならエアコンつけっぱなしの方が安い、(2)夜は、18分までの外出ならつけっぱなしの方が安い――という結果をまとめている。

 ただ、こまめにオンオフした部屋は、帰宅時の室内温度・湿度がつけっぱなしの部屋より高く、快適性に差があったことも報告。電気代だけでなく帰宅時の快適性も考慮し、状況に応じてつけっぱなしとこまめにオンオフを上手に使い分けるよう提案している。

最終更新:8月17日(水)17時16分

ITmedia ニュース