ここから本文です

猫ひろし、選手村でまさかの熱湯風呂「こんな時に熱湯リアクションいらない!」

デイリースポーツ 8月17日(水)16時3分配信

 リオ五輪陸上男子マラソンカンボジア代表の猫ひろし(39)が17日、ツイッターを更新し、選手村でまさかの“熱湯風呂”に遭遇し「こんな時に熱湯リアクションはいらないんだよ!」とぼやいてみせた。

 猫は選手村内にあるビニールプールでできた入浴施設で、温浴と冷浴の交代浴を利用しようとやってきたが、「ビニール風呂で交代浴しようとしたら熱い方が、53・9℃あった!」と、あまりの熱さに驚いた様子。続けて「こんな時に熱湯リアクションはいらないんだよ!」と、地球の裏側でも繰り広げられるお笑い芸人の“お約束”に、思わず本音をつぶやいた。

 だがすぐさま選手村スタッフが氷を用意し温度調節してくれたといい、「微笑ましい。いい湯だな、にゃにゃにゃん」と喜びのつぶやきも。猫は9日の誕生日に選手村の入浴施設を発見。交代浴が出来るからと過去何度か利用している様子をツイッターで報告している。

最終更新:8月17日(水)16時25分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。