ここから本文です

ヒュー・グラント、自分を嫌いな女優6人を名指し!

Movie Walker 8月17日(水)18時1分配信

シニカルなジョークがお得意なことで知られるヒュー・グラント(55)が、新作のプロモーションで出演したテレビ番組で、自分を嫌っている女優6人を明らかにした。

【写真を見る】レニー・ゼルウィガーは気さくじゃない!? その他ヒューが共演した大物女優はこちら

米テレビ番組「Watch What Happens Live」で、ヒューの共演者6人の女優たちの顔が下にズラリ。右からサラ・ジェシカ・パーカー、レニー・ゼルウィガー、メリル・ストリープ、ジュリアン・ムーア、ジュリア・ロバーツ、ドリュー・バリモアの顔が並んだ。

「誰が一番気さくな女優なの?」と問われ、レニーに関しては、「気さくではないね」と笑って答えた以外、「みんなのことを、気さくと言わないといけないみたいだね」とジョークを飛ばしたが「6人とも、みんな僕のことが嫌いだと思う」と笑い、共演後は誰ともコンタクトを取っていないことを明らかにしている。

かつてはロマンティック・コメディの王子と言われたヒューだが、ブラックジョークが大好きだからなのか、女性関係にだらしがないからなのか、誰からも好かれていなかったようだが、逆の意味で、ヒューも6人の女優たちがお好きではなかったようだ。【NY在住/JUNKO】

最終更新:8月17日(水)18時1分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。