ここから本文です

H・グラント、R・ゼルウィガーの変わり果てた顔を認識できず!

Movie Walker 8/17(水) 18:01配信

ヒュー・グラントは、過去に共演したレニー・ゼルウィガーの顔を、本当に認識できなかったようだ。

【写真を見る】こんな人見たことない!?ヒューが認識できなかった、以前と顔の変わったレニー

レニーとは、大ヒット作『ブリジット・ジョーンズの日記』(01)、『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(04)で共演しているヒューだが、お高くとまっていたレニーは、何故かヒューをお気に召さなかったよう。

ヒューは米国のテレビ番組「Watch What Happens Live」のインタビューで、過去数多くいた共演者のうち、「誰が一番気さくな女優さんなの?」と問われた女優6人のうちの1人であるレニーの変わり果てた写真を見せられると、「右から2番目の女性は、僕の今までの人生で見たことがないよね?」と真顔で答え、司会者から「レニーですよ」と言われると、「あ、レニーね。彼女はお高くとまっていないとは言えないね」と、笑いながら語っている。

レニーの変わり果てた様子はメディアの格好の餌食となっているが、特に疑われている目の整形について、最近本人が否定したばかり。女性の外見について報じるメディアを痛切に批判している。

一方のヒューは、同紙などにマイナスイメージを報じられることについて、「怒ったりしていない」と語っており、メディアの報道には寛容な様子。海でパパラッチされた、かなり太っている写真が掲載されたことについて、ラジオ番組でハワード・スターンに尋ねられると、「子供たちと、昨年のホリデーにスペインに行ったときの写真だね。太っていて無様だね」とヒューは笑って答えており、なかなか気さくな人柄のようだ。【NY在住/JUNKO】

最終更新:8/17(水) 18:01

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]