ここから本文です

Wi-Fiスポットを利用しない理由は?――ビッグローブが調査

ITmedia Mobile 8月17日(水)19時18分配信

 ビッグローブは、8月17日にWi-Fiスポットサービス「BIGLOBE Wi-Fi」の専用アプリ「オートコネクト」の利便性を向上させるアップデートを実施。あわせて、サービス契約者の外出先でのWi-Fi利用実績データを活用した調査結果も発表した。調査の対象期間は2016年3月26日から4月26日まで。

【Wi-Fiスポットを利用しない理由】

 外出先での1人あたりのWi-Fi通信量は男性20代前半が最多で、次いで30代前半、20代後半となった。女性は30代前半が最多で、20代後半、40代前半と続く。年代別に外出先での合計Wi-Fi通信量を分析したところ、通信量が最も多いのは40代、次が30代だった

 国内利用者の時間帯別通信量を分析したところ、LTEなどのモバイルインターネットのピークは23時~24時に対し、BIGLOBE Wi-Fiでは平日は朝7時がピークになった。他の時間帯では12時や19時前後が多いという結果が出た。

 さらに、全国の14歳~73歳のスマートフォンユーザー1106人へ外出先の「Wi-Fiスポットの利用状況に関するアンケート」をインターネット上で実施。Wi-Fiスポットの認知は91%、内容まで理解しているユーザーは78%で、自宅でWi-Fiを利用しているのは74%となった。外出先でのWi-Fiスポット利用は40%にとどまり、年代別利用率最多は60歳以上の55%で、最も低いのは40代の33%となる。

 Wi-Fiスポットを利用しない理由は、「セキュリティや個人情報への不安」が最多の36%、「設定がよく分からない」が22%、利用目的は「パケット容量の節約」が76%、「便利だから」が43%、「速度が速い」が26%となった。

最終更新:8月18日(木)12時45分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]