ここから本文です

木更津エース・早川が2試合連続完封で初の8強へ

デイリースポーツ 8月17日(水)16時8分配信

 「全国高校野球・3回戦、木更津総合2-0広島新庄」(17日、甲子園球場)

 木更津総合のエース・早川隆久投手(3年)が2回戦の唐津商戦に続き、2試合連続完封でチームを出場5回目にして初めてベスト8に導いた。

 2013年の富山第一・宮本以来となる連続完封に、早川は「ほっとしました」と笑顔で振り返った。

 試合前のブルペンは「球が高く浮いて『今日は悪いな』という感じだったんですが、甲子園のマウンドに立つと、いいボールが行くんです。不思議なパワーをもらいました」という。

 MAX141キロながら、その直球を見せ球に、スライダー、ツーシームなどを両サイド低めに抜群の制球。難敵がそろう広島新庄打線を三回までパーフェクト。七回にヒットと犠打で今大会初めて、走者を二塁に背負ったが、ここも危なげなく内野ゴロ2つで切り抜けた。

 相手がプロ注目左腕の堀ということもあり「向こうもテンポよく投げていたので」と刺激試合ながらの見応えある投手戦となった。

 試合後は堀から「ナイスピッチング。ここからも自分らしいピッチングを続けてくれ」とエールを送られた。

 次戦は作新学院。「好投手を攻略してきた強いチームですね」と早川。千葉のミスター・ゼロが余韻に浸るそぶりも見せず、次を見据えた。

最終更新:8月17日(水)21時35分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]