ここから本文です

NHK上原アナ、丸めたティッシュで鼻を拭く 卓球女子銅メダルに感動し…

デイリースポーツ 8月17日(水)16時46分配信

 NHKリオデジャネイロ五輪のキャスターを務める広島放送局の上原光紀アナウンサーが17日、卓球女子団体で涙の銅メダルを獲得した福原愛のインタビューにもらい泣きし、グシャグシャに丸めたティッシュで鼻を拭く姿が放送されてしまった。ネットでは、そのリアルなシーンに「こっちも涙」「リアルで良い」などのツイートがあがる一方、「放送事故」「伝える側が泣き出しては」といった厳しい声も上がった。

【写真】フジテレビアナウンサーの恋人質問はサラリとかわした愛ちゃん

 番組は卓球女子団体の試合を生中継。その後の選手の涙のインタビューも伝えた。上原アナは、番組に届いたメールを読んでいたが、途中、自身が映っていないと思ったのか、手元でティッシュをグシャグシャと豪快に丸め、鼻を押さえるシーンが流れてしまった。

 あまりにもリアルな鼻を拭くシーンに、ネットでは「リアルで良い」「美しい涙」「見ているこっちも涙」と、同情的な意見が大半を占めたが、中には「伝える側が泣き出したら終わりだろう」といった厳しい声も上がっていた。

 上原アナはリオ五輪中継のキャスターを務めているが、その美女ぶりと、ミニスカートからのぞく美脚がネットで話題を呼んでいた。

 杉浦友紀アナと初めて2人で出演した際は、杉浦アナが白いロングパンツだったのに対し、上原アナは薄いピンクのシャツに白と黒のチェックのミニスカート姿。太ももチラチラ映り、気になった視聴者も多かったようで、ネットでの書き込みも目立った。

最終更新:8月17日(水)18時28分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。