ここから本文です

川崎希 不妊治療後に「具合悪く…」 夫アレクが迎えに

デイリースポーツ 8月17日(水)17時36分配信

 不妊治療中の元AKB48のタレント・川崎希が17日、治療後に気分が悪くなり、夫でモデルのアレクサンダーに病院に迎えにきてもらったことをブログで明かした。

 2013年2月に結婚した夫妻は、今年6月8日、3年にわたり不妊治療を続けていることをブログで公表。同19日には新しい治療をスタートしたことを明かしていた。

 この日午前、病院に向かった川崎。治療後の午後2時ごろに「バタンキュー」のタイトルでブログを更新。マスクをしてベッドで横たわる写真をアップし、「病院で具合わるくなっちゃった アレクが迎えに来てくれるまで待ってよう」と書き込んだ。

 アレクも「のんちゃん体調崩しちゃった、、、」のタイトルでブログを更新。「病院で気持ちわるくなったみたいなんだ 面接も終わったとこだから 急いで迎えに行く」と伝え、その後、帽子にマスク姿の川崎との2ショット写真を公開し、「病院終わって 迎えにきた、、、すこし気持ちわるいみたいなんな」と記した。

 川崎の右腕には注射の痕があった。川崎は注射ぎらいで、治療のたびに、懸命にガマンして注射を受けていることをこれまでにブログで明かしている。

最終更新:8月17日(水)18時48分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。