ここから本文です

大竹しのぶ お金より「愛」を訴える

デイリースポーツ 8月17日(水)17時56分配信

 女優・大竹しのぶ(59)の主演映画「後妻業の女」(27日公開)の「美魔女イベント」が17日、都内で行われ、大竹、共演の俳優・豊川悦司(54)、鶴橋康夫監督(76)が登場した。

 3人は客席の40~76歳(平均52・6歳)、浴衣姿の美魔女50人にアンケートをとりながらトーク。「愛よりお金である」という質問に64%がイエスと答えると、大竹は「気持ちも分からないでもない…でも愛愛愛、愛がいい!愛がいいよね!」と“お金より愛”を訴えた。

 また、日本代表のメダルラッシュが続くリオ五輪について、大竹は「テニスも見てましたし、体操も水泳も。昨日は『明日も仕事だから』と思いながら、卓球を見てしまった。『私が応援しないと負けちゃうかもしれない』と、ずっと応援してました」と眠れない日々を告白。

 鶴橋監督は「頑張れニッポン!の次は、頑張れ『後妻業の女』!で。1人が3人にネズミ算式で(勧めて)いくと、『シン・ゴジラ』を越える人が来ることになる」と、美魔女たちにお願いしていた。

最終更新:8月17日(水)18時1分

デイリースポーツ