ここから本文です

インテルが年俸アップでFWイカルディ引き留めへ 20年までの契約延長も目指す

デイリースポーツ 8月17日(水)18時26分配信

 サッカーの日本代表DF長友佑都が所属するイタリア1部(セリエA)インテル・ミラノのFWイカルディの去就を巡り、クラブオーナーとなった蘇寧電器が年俸アップでの引き留め工作と2020年までの契約延長をすすめていることがわかった。17日のイタリア紙コリエレ・デロ・スポルトが報じた。

 イカルディのワンダ・ナラ夫人が年俸などを不服とし、ナポリからの年俸650万ユーロ(約7億4800万円)のオファーに“乗り気”になっていた。その上で、イカルディ側はインテルに600万ユーロ(約6億9000万円)の年俸を打診していた。

 最初は年俸450万ユーロ(約5億1800万円)と条件を渋っていたインテル側は、500万ユーロ(約5億7500万円)を提示して歩み寄りを見せており、イカルディをなんとか残留させたい方針だという。

最終更新:8月17日(水)19時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合