ここから本文です

【競輪】小田原競輪に元SMAP森且行が登場 23日「北条早雲杯争奪戦」

デイリースポーツ 8月17日(水)19時45分配信

 「G3開設67周年記念 北条早雲杯争奪戦」(20日から23日まで小田原競輪場)

 神奈川県の小田原競輪場で開催される北条早雲杯のPRのため、小田原市公営事業部の曽我泰副部長ら関係者が17日、東京都江東区のデイリースポーツを訪れた。

 SS班は新田祐大、武田豊樹、稲垣裕之、園田匠の4選手が参戦。さらに原田研太朗、吉田敏洋、中村浩士、地元の郡司浩平、桐山敬太郎らG1決勝級の豪華メンバーが立ち向かい、白熱したレースを展開する。

 曽我副部長は「小田原の記念競輪はいつも暑い8月。納涼企画の氷柱や、毎年恒例のフラダンスショー(21日)など、レース以外にも夏らしい催しをご用意しています」と力を込めた。売り上げ目標は60億円。

 大会に花を添えるマスコットガールのサンサンガールズは、「開門時には毎日私たちがお出迎えをして、記念夢車券やカラータオルなどを先着で配ります。ぜひ早い時間からご来場いただき、夏の小田原を楽しんでください」とPRしていた。

 22日にはリオデジャネイロ五輪代表の渡辺一成と脇本雄太選手、23日にはオートレーサーの森且行選手が来場し、それぞれトークショーを行う。

最終更新:8月17日(水)20時3分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]