ここから本文です

広島 4番の松山が反撃の適時打 安部は同点打

デイリースポーツ 8月17日(水)19時45分配信

 「阪神-広島」(17日、京セラドーム大阪)

 4番に入った広島・松山竜平外野手(30)が、反撃の狼煙を上げる適時打を放った。

 2点を追う三回、田中が内野安打で出塁すると盗塁と敵失で2死三塁とし、4番に入った松山がカウント2-2からフォークを中前に運んだ。「なんとしても1点。執念で打ちました」と気迫のこもった一打を振り返った。

 この1点をきっかけに四回、16日に出場選手登録された天谷が左中間二塁打で好機を作り、安部が適時二塁打を放ち同点に追いついた。

最終更新:8月17日(水)21時28分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。