ここから本文です

広島が足でかき回して勝ち越し 菊池が二盗でチャンス拡大

デイリースポーツ 8月17日(水)20時1分配信

 「阪神-広島」(17日、京セラドーム大阪)

 広島が足を使って勝ち越しに成功した。

 2-2の同点の五回、菊池が中前打で出塁すると、丸の5球目に二盗を決めた。直後に丸が中堅左に適時二塁打を放った。なおも1死三塁から鈴木が、前進守備を敷いていた遊撃・北條のグラブに当たりながら中前適時打。この回2点を勝ち越した。

 丸は「チャンスだったので食らいついていきました」。鈴木は「追加点につながるヒットになって良かったです」と喜んだ

 16日には田中、鈴木が2盗塁ずつを決めて4盗塁。この試合も三回に田中が盗塁を決めていた。

最終更新:8月17日(水)21時28分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報