ここから本文です

金の萩野、報奨金は迷わず貯金「老後に世界遺産を周る」 競泳代表が帰国

デイリースポーツ 8月17日(水)20時32分配信

 リオデジャネイロ五輪に出場した競泳日本代表チームが17日、成田航空着と羽田航空着の航空便に分かれて帰国。同日夜には、東京・西が丘の味の素ナショナルトレーニンセンター(NTC)でメダリストによる帰国会見が行われた。

 個人メドレーの男子400mで金メダル、同200mで銀メダル、男子800mリレーで銅メダルを獲得した萩野公介(東洋大)は、「久しぶりに日本に帰れてうれしい。リオではたくさんの応援をいただき、満足した部分と力が足りないと思う部分があった」と感想。航空機から出た時に感じた日本の印象については、他のメダリストらと口をそろえ、「湿度がすごくて蒸し暑い」と言いながら、「久しぶりの匂いもあり、3カ月ぶりの幸せを感じてます」と話した。

 首から提げた金、銀、銅3つのメダルについて、「(銅の)リレーは皆で勝ち取ったもので、次につながる自由形の礎となった。200の銀は悔しさとやりきった感が交じったもの。金は素直にうれしいのとホッとしたこと、たくさんの方の支えが詰まったもの」と表した。

 今後について萩野は「まずは夏のインカレと国体に出ます。そして、来年、再来年、さらに2020年へと続くので、ここで学んだことを生かしていきたい」などと語った。その東京五輪に向けては、「もちろん今回よりさらに良い結果を目指す。自国開催なので、もっとたくさんの人にスポーツに関心を持ってほしい」と展望を示した。

 萩野はその後の囲み会見で、メダリストへ贈られる報奨金の使い道について、「ぼくは貯金します。今に始まったことではなく、老後は世界遺産を周ってみたい。もともと海外の文化に興味があるのでそれが楽しみです」と明かした。

最終更新:8月17日(水)22時30分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]