ここから本文です

【レスリング】48キロ級・登坂絵莉 カザフスタン選手一蹴し準々決勝へ

東スポWeb 8月17日(水)22時33分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ17日発】レスリング女子48キロ級で世界選手権3連覇中の登坂絵莉(22=東新住建)は初戦の2回戦で、エシモワ(カザフスタン)を下して準々決勝に進出した。

 開始前には笑みも浮かべていた登坂は第1ピリオド、いきなり得意の高速タックルを決めて先制。2ポイントを奪取した。第2ピリオドでも、右足へのタックルから相手をコントロールしバックをとって2ポイント。終了間際にもバックについて2ポイントを挙げ、6―0で快勝した。

 登坂は五輪初出場とは思えない落ち着いた動きを見せた。初出場で金メダルの快挙も十分に見えた初戦だった。

最終更新:8月17日(水)22時44分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。