ここから本文です

日本ハム・大谷が決勝の18号2ラン 首位SBに0・5差と肉薄

デイリースポーツ 8月17日(水)21時33分配信

 「日本ハム4-2オリックス」(17日、札幌ドーム)

 日本ハムの大谷翔平投手が七回、決勝の18号2ランを放った。七回に1死二、三塁から杉谷のスクイズで同点とすると、続く大谷が2死三塁から18号本塁打を右中間へとたたき込んだ。

 3打数2安打2打点の大谷は「真っすぐ待っていたが高めに抜けてきたので振りました。打った瞬間行くと思った。逆転できて良かった」と振り返った。

 これで自身は中田の17本塁打を抜いて、28本塁打のレアードに次ぐチーム2位の本塁打数となり、チームも首位のソフトバンクに0・5差と肉薄した。

 19日からはそのソフトバンクとの3連戦も控えており、二刀流は「(オリックスとの試合は)あしたもある。勝って逆転したい」とアピールしていた。

 オリックスは1点を追う五回無死二塁から中島の左中間二塁打で同点。六回は無死三塁から川端の中前適時打で勝ち越したが、七回、先発の山田が大谷に痛打された。

最終更新:8月17日(水)21時48分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]